ホーム » 全国フォーラム » 全国フォーラム2018 開催のご案内

全国フォーラム

全国フォーラム2018 中国

お蔭様で無事終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。

【10月19日(金)】プログラム

【ご挨拶 14:00〜14:15】

ユニシス研究会 会長 片山 雄一(株式会社オリエンタルランド 取締役 専務執行役員)
日本ユニシス株式会社 代表取締役社長 平岡 昭良

【記念講演 14:15〜15:35】

野口健氏

「富士山から日本を変える」

アルピニスト
 野口 健

停学、そして本との出合い。落ちこぼれが山に出会い学んだ経験を、今まで取り組んできた富士山の活動やエベレストでの活動を生と死を交えながらお話します。
また、著しく汚染されている各地の環境問題を現場での実体験を感じたままに表現し皆様にお伝えします。



【トークセッション 15:50〜16:30】

「“巻き込み力”からつくる「協創」ビジネス」

西村やす子氏 株式会社クレアファーム 代表取締役
起業家・司法書士・経営コンサルタント

 西村 やす子
平岡昭良 日本ユニシス株式会社 代表取締役社長
 平岡 昭良

「新しい時代の地域づくりのキーワードは、『協働』と『協創』」というクレアファームの西村氏と、ビジネスエコシステムを推し進める日本ユニシス(株)代表取締役社長の平岡が、協創ビジネスに必要なことは何か、常にチャレンジを続ける原動力について、お話します。



【エッカート賞受賞グループ 活動成果発表 16:30〜17:00】

「群雄割拠の地方創生戦国時代!〜いずっちよりAI(愛)をこめて…〜」

研究活動 最優秀賞 静岡グループ 研究活動 最優秀賞 静岡グループ

2017年度エッカート賞を受賞した研究活動 静岡グループは、「地方創生」をメインテーマに研究活動を進め、静岡県が“人口流出全国ワースト4位”というショッキングな事実をキーワードに現状調査を行いました。そのうえで「最適な手段で最適な情報を発信する事で地域の魅力を多くの方に知ってもらう事ができる」という仮説に基づき、発信手段に「Twitter」を用いて、伊豆市の協力のもとで検証/振り返り/都度改善を行った結果、仮説が有効である事を証明しました。その研究活動の内容、成果について発表します。



【アンバサダー プログラム 17:15〜17:40】

倉木麻衣氏 シンガー
立命館大学産業社会学部 客員准教授
日本ユニシスグループ アンバサダー

 倉木 麻衣

日本ユニシスグループアンバサダーの倉木麻衣氏によるアンバサダー活動の報告と、ミニコンサートを行います。



【情報交換会 17:40〜19:10】

情報交換会 全国の会員の皆様同士の交流の場をご用意させていただきます。静岡ならではの食事とお酒をお楽しみください。また、アトラクションとして、三雲いおり氏による大道芸をご覧いただきます。静岡市では、アジア最大級の大道芸フェスティバル「大道芸ワールドカップin静岡」を1992年より毎年開催しており、今年も11月1日〜4日に行われます。(三雲いおり氏も選考通過アーティストとして公表されています)


【静岡半日観光コース 3,500円】

静岡駅(9:45発)【貸切バス】⇒登呂遺跡(9:55〜10:10)⇒静岡浅間神社(10:30〜10:50)⇒駿府城公園/東御門・巽櫓・坤櫓(11:00〜11:35)⇒昼食・散策/浮月楼「浮殿」〈和食〉(11:45〜13:00)…(徒歩10分)…ホテルセンチュリー静岡(13:10着)


日本でも有数の弥生時代の遺跡「登呂遺跡」、今川氏の館として築かれ徳川家康の居城にもなった「駿府城」、平安時代からこの地を見守ってきた「静岡浅間神社」、140年の歴史と見事な日本庭園を有する「浮月楼『浮殿』」でのご昼食、古くから歴史の要所の舞台となってきた静岡市の魅力を体感するツアーです。途中、静岡名物の安倍川もちもご賞味いただきます。

静岡半日観光コースイメージ

ページトップへ

【10月20日(土)】プログラム

※プログラムA〜Dのいずれかひとつを選択ください。

【A:東部コース 世界文化遺産巡り 富士を究める登山追体験と静岡に残る先人の叡智を知る 7,000円】

ホテルセンチュリー静岡(8:00発)【貸切バス】⇒富士宮本宮浅間大社…富士山世界遺産センター(9:00〜10:30)⇒沼津港・沼津みなと/散策(11:30〜12:15)⇒昼食/浜焼きしんちゃん〈浜焼き〉(12:15〜13:15)⇒柿田川湧水群(13:45〜14:15)⇒韮山反射炉〈ガイドツアー〉(14:45〜15:40)⇒江川邸(16:00〜16:30)⇒三島駅(17:00着)


前日の記念講演に連動し、2017年12月開業の「静岡県富士山世界遺産センター」にて、富士登山の追体験をしながら、富士山の自然・歴史・文化・恵みに深く触れていただきます。屋上では、日本画と見紛うばかりの大パノラマの富士全景が待ちうけています。富士の恵み・豊かな湧き水を実感いただけるよう、沼津では、栄養豊富な海で育った地の魚を浜焼きで食し、三島では柿田川湧水群の透明度と水のおいしさに感動します。また、富士山と並ぶ静岡の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産・韮山反射炉」で、先人の叡智を学びます。

Aコースイメージ

【B:中部コース 東と西が出会う場所 駿府にひろがる温故知新の旅 9,000円】

ホテルセンチュリー静岡(8:00発)【貸切バス】⇒三保の松原(8:40〜9:40)⇒日本平ロープウェイ…久能山東照宮(10:00〜11:30)⇒昼食/丁子屋〈とろろ汁〉(12:30〜13:30)⇒駿府匠宿/竹細工体験(13:35〜14:05)⇒ふじのくに茶の都ミュージアム(14:30〜15:30)⇒焼津さかなセンター(16:10〜16:30)⇒静岡駅(17:00着)


東西交通の大動脈東海道を擁する静岡市には、全国最多、江戸時代の東海道の宿場が6つもありました。この街道を通し、古くから人・物・技術の盛んな交流が行われてきました。天女が舞い降りたという伝説がある「富士山世界文化遺産構成資産 三保松原」、400年前の輝きを取りもどした家康公の墓所「国宝久能山 東照宮」、16世紀から繁盛が続く最古のレストラン「丸子宿 丁子屋」、そんな駿府にひろがる古くも格式ある名所を訪ね、そこに息づく心を感じていただきます。

Bコースイメージ

【C:西部コース「海の湖」浜名湖 海と湖のつながりが育くんだ歴史と産業をめぐる旅 12,000円】

静岡駅(8:10発)【ひかり461号】⇒浜松駅(8:30着)【貸切バス】⇒航空自衛隊浜松広報館(9:00〜10:30)⇒かんざんじロープウェイ/オルゴールミュージアム(11:00〜12:00)⇒昼食/浜乃木〈うなぎ〉(12:10〜13:00)⇒龍潭寺(13:30〜14:20)⇒竜ヶ岩洞(14:30〜15:10)⇒浜松市楽器博物館(16:10〜16:50)⇒浜松駅(17:00着)


500年前、海と湖がつながった時から浜名湖には豊かな恵みが育まれました。湖上を渡るロープウェイではその姿を見下ろし、湖畔では「浜松の鰻」を食し、その恵みを体感していただきます。自衛隊の航空機を見て体験できる「航空自衛隊浜松広報館」、楽器の街としての浜松を知る「浜松市楽器博物館」、歴代井伊家の菩提寺で、かの直虎ゆかりの地の「龍潭寺」。浜名湖の恵みが育んできた歴史と産業を象徴する名所をめぐります。

Cコースイメージ

【D: 親睦ゴルフ会(富嶽カントリークラブ) 24,000円】

ホテルセンチュリー静岡(6:30)⇒富嶽カントリークラブ(7:30)⇒ 静岡駅(18:00着)
※宿泊は「ホテルセンチュリー静岡」をお薦めしております。

霊峰富士を背にゆったりとした時間を楽しむことのできる名門クラブ。全てのコースより雄大な富士が望め、壮大にして華麗なゴルフシーンが生まれる富士の懐にいだかれたステイタスコースです。

<富嶽カントリークラブ>
〒424-0301
静岡県静岡市清水区宍原1783-1
TEL:0544-65-2211
URL:https://fugakucc.com/
※参加料金の中には、貸切バス代、プレーフィ、キャディフィ、朝・昼食代、パーティ代が含まれます。
※ 組み合わせ等詳細につきましては、フォーラム1日目に別途ご案内します。

Dコースイメージ

ページトップへ

参加費・宿泊費・申込み方法・問合せ先

●10月19日(金)情報交換会参加費: 8,000円(税込/お一人様)

※記念講演、トークセッション、エッカート賞受賞グループ 活動成果発表、アンバサダー プログラムは無料でご参加いただけます。

●10月19日(金)宿泊費

ご宿泊費

●10月19日(金)静岡半日観光コース、10月20日(土)地域見学会・親睦ゴルフ会 参加費

※上記参加費には貸切バス代、施設入場料、昼食代、Cコース新幹線代、国内旅行傷害保険代が含まれております。
※親睦ゴルフ会をお申込みの方は、ゴルフ場にて朝食をご用意しております。(参加費に含まれます。)

●お申込み:


お申込みはこちらから

●キャンセルポリシー

●参加券と請求書

申込み締切り後、ご本人宛に「参加券」をお送りします。
「請求書」は全国フォーラム終了後にお送りしますので、請求書記載の指定口座にお振込み願います。
なお、「参加券」及び「請求書」は日本旅行からの代行発送とさせていただきます。
全国フォーラムの申込み受付業務、宿泊手配、地域見学会手配、参加費などの請求業務につきましては、日本旅行に委託しております。

※スケジュールは、2018年8月1日現在のものです。
 運輸機関のダイヤ改正、当日の交通状況により、見学先での滞在時間が変更になる場合があります。

●参加申込み・FAXによる申込み・宿泊・交通手段に関するお問合せ先

(株)日本旅行内 ユニシス研究会デスク(平日 9:30〜17:30)
TEL: 03-5369-4532
FAX: 03-3225-1008
E-mail: unisys_forum@nta.co.jp

●全国フォーラム講演、情報交換会に関するお問合せ先

ユニシス研究会事務局(平日 9:00〜17:00)
TEL: 03-5546-7366
FAX: 0120-548317
お問合せフォームはこちら

ページトップへ

全国フォーラム2018 案内状

全国フォーラム2018案内状 (PDF形式、2.5MB) 最新のAdobe Readerをお持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。