ホーム » 研究活動 » 2019年度 研究活動審査結果のご報告

研究活動

2019年度 研究活動審査結果のご報告

今年度の研究活動発表会/表彰式は残念ながら中止となりましたが、2020年3月5日(木)、研究活動の第3回運営委員会において、活動報告書と発表資料をもとに報告書審査会が行われました。
厳正な審査の結果、今年度の最優秀賞は、関東3グループの「AIを活用したスポーツフォーム改善支援 〜AIパーソナルトレーナーによるダーツ指導〜」が受賞されました。
グループ発足から約10か月に亘り研究活動に参加くださった全22グループ150名のメンバーの皆様、ありがとうございました。
各賞の受賞グループは以下のとおりです。

■最優秀賞:

・関東3グループ
AIを活用したスポーツフォーム改善支援 〜AIパーソナルトレーナーによるダーツ指導〜

■優秀賞:

・関西5グループ
ユニ研企業からみるテレワーク 〜課題をキャッチ!今こそトライ!導入にリーチ!〜
・九州・沖縄グループ
AIを活用した視覚障がい者のQOL向上 〜クロスエイドが信号ば見よっちゃるたい〜

■審査委員特別賞:

・新潟グループ
スマートグラスでスマートなシステムテスト 〜ハンズフリーでストレスフリー
・関東5グループ
あなたの気づかなかった”行きたい場所”見つけます 〜画像解析による旅行先リコメンド機能の構築〜
・関西4グループ
EXPO × AI × ゴミ分別 〜 私はPOIっと捨てるだけ 〜

■チャレンジ賞:

・関東4グループ
知的生産性向上のための健康スコアリング 〜健やかに働きたい、すべての人へ〜
・中部1グループ
そのゴミちょっと まった! 〜チャットボット×AIのゴミ出しアシスタント〜
・関西1グループ
ストレスと向かい合った私たちの7ヵ月間 〜みかん(MiCan)で実感。働く人の簡単セルフケア〜

■ベストアドバイザー賞:

・関東3グループ  日本ユニシス株式会社  中村 和矢、稲葉 琴
2019年度 サマースクール 2019年度 サマースクール

2019年度の「研究活動報告書」及び「研究活動発表資料」は会員専用ページの「研究活動」でご覧いただけます。
会員専用ページの閲覧にはユーザ登録が必要です。

ページトップへ